Loading...

井上醤油店

ストーリー

Pocket

奥出雲 麹物語

井上醤油150年の歩み

1867(慶応3)年創業、島根県奥出雲で天然醸造を続ける醤油屋井上醤油店は、国産丸大豆・小麦を使用、また、合成添加物不使用にこだわり。高品質な醤油・味噌・仁多米加工品製造に努めています。

近年、生産効率を優先し、短期間で醸造される醤油が多い中、井上醤油店ではふた夏(約2年)をかけてじっくりと醸造します。
時間へのこだわりは決して重要ではありません。醤油づくりに蔵を構えたこの奥出雲の土地の風土で風味ある美味しい醤油醸造を行うためにこの時間が導き出されたのです。

江戸時代から続く古式醸造蔵には、蔵付き酵母を始めとする有用菌がびっしりと住み着いています。
この有用菌の『力』と自然が与える『風土』こそが丸大豆の旨味を引きだし、井上醤油独特の豊潤な香りと味わいを醸しだす秘密です。

「自然の力を信じ ゆだね そして待つ。」

井上醤油店の食へのおもいと信念が造り出す醤油をぜひご堪能ください。